エリアから検索
ジャンルから検索

藤原岳

【地域】 いなべ
【ジャンル】 アウトドア
【住所】 三重県いなべ市藤原町
4~5時間

藤原岳

藤原岳の見所

~花の百名山~
藤原岳は花の百名山として名高く、年間を通じて花を楽しめます。

フクジュソウ名物は「フクジュソウ」。
キンポウゲ科の黄色い可愛らしい花です。花言葉は「幸せを招く」。
2月の終わりころ、雪の間からひょっこり顔を出します。
多年草なので新葉とともに花をつけます。
石灰岩質の藤原岳はフクジュソウの成育に適しており、8~9合目で多く見られます。
花びらの数は12枚から30枚とさまざま。
見ごろは3月末。4月末頃まで見られます。

フクジュソウを見に行くにあたって注意したいのが、天気の良い日しか花が開かないこと。
雨の日や曇りの日は、花が閉じています。
また、登山道から離れて、中に見にはいったり写真を撮ったりしないでください。危ないですし、知らないうちに新芽を踏んでしまうことがあります。もちろん、花を持って帰ったりはしないでくださいね。一緒に大切な花を守りましょう。

~登山~
年間約55,000人が登山をする人気の藤原岳。
大貝戸道(表)を往復します。(※現在、聖宝寺道(裏道)はえん堤工事のため通行止め、坂本谷は平成11年から入山禁止です)
所要時間は登りに2時間半~3時間程度、下りが1時間半程度。
9合目には山荘(イスとテーブルあり)とトイレがあります。広い場所があって景色も良いので、みなさんそこでよくランチタイムをされます。
9合目から少し登ると、山頂にいけます。天気の良い日には、滋賀県側は琵琶湖、愛知県側は名古屋のツインタワーを見られます。

もし冬に登るなら、寒さ対策と滑り止め対策をしっかりしてください。8合目を過ぎると4月上旬まで雪が残ります。

観光案内情報

営業時間 基本的には朝から登ってください。冬は特に夕暮れが早いです。お昼からの登山は、帰りが暗くなるので遭難の危険があります。
料金 無料
交通案内 【車】
(東名阪桑名インターから)
約50分。
ICを出て左折すると国道421号に入ります。約30分走り員弁警察署を左手に越え、いなべ市役所北勢庁舎を右手に越し、国道365号の交差点「鎌田」を右折。藤原町に入り、「文化センター入り口」の交差点を左折し、すぐの十字路を右折し、能動をまっすぐ進むと観光駐車場の看板が見えてきます。(東名阪四日市インターから)
約50分。
ICを出て右折すると湯ノ山街道(国道477号)に入ります。しばらくすると県道140号線(ミルクロード)の交差点を越え、国道360号の交差点を右折します。そこから約30分走ると、国道365号の交差点「別名」を左折します。マックスバリューやコメリを左手に過ぎ、藤原町に入ります。「文化センター」の交差点を左折し、すぐの十字路を右折し、農道をまっすぐ進むと観光駐車場の看板が見えてきます。
(名神関が原ICから)
約40分。
ICを出て右折すると国道365号を上石津方面へ走ります。トンネルをくぐり、しばらく走って黄金大橋をわたり、5分程行ったら交差点「山口」を右折し、しばらく進むと観光駐車場の看板が見えてきます。 

【公共交通】
三岐鉄道三岐線「西藤原駅」から、徒歩約5分で登山口です。

問い合わせ先 【いなべ市役所 商工観光課】
TEL 0594-46-6309
FAX 0594-46-6319

施設所在地



大きな地図で見る

お勧め周辺スポット

市町 ジャンル 観光スポット 目的地までの距離 目的地での滞在目安時間
いなべ 景勝地 聖宝寺 2.2km 30分~1時間
いなべ まつり あげきのおひなさん 5.4km 1時間
いなべ 温泉 阿下喜温泉 あじさいの里 5.9km 1~3時間
いなべ グルメ いなべの里の蕎麦
菰野 温泉
景勝地
湯の山温泉 27.6km 1時間~1日