エリアから検索
ジャンルから検索

伊奈冨(いのう)神社(稲生山)の紫つつじ

【地域】 菰野
【ジャンル】 景勝地
【住所】 鈴鹿市稲生西二丁目24-20‎
20分

 IMG_8098

IMG_8103H28poster[1]

伊奈冨(いのう)神社(稲生山)の紫つつじについて

稲生山は「つつじ山」とも呼ばれ,裏山や伊奈冨神社の境内には約5千株もの紫つつじが群生している。
樹齢は古く,高さ3mに及ぶものが多数。
開花期には紫雲がたなびくような美しさで,桜の季節が終わる頃から参拝客を魅了する。
この紫つつじは今から約700年前の室町時代に稲生山(鈴鹿山)に芽生たといういわれがある。かつては今の鈴鹿サーキット辺りまで咲いていたが,山を削ってサーキットを建設することになったため,神社の裏山に移植したともいわれている。
4月上旬から5月中旬のつつじの開花時期に,花と食の回廊スタンプラリーの設置場所となるので,
ぜひ,スタンプラリーに参加してみてはいかがですか。

●都道府県指定 名勝 (昭和12年6月)

■鈴鹿市観光協会のウェブサイトで開花情報を公開しています■
『鈴鹿 花だより』(http://www.kanko.suzuka.mie.jp/flower/index.php)

観光案内情報

営業時間
料金 無料
交通案内 【車】
駐車場あり
鈴鹿ICから車で約40分【公共交通】
伊勢鉄道鈴鹿サーキット稲生駅から徒歩で約10分
問い合わせ先 鈴鹿市 産業振興部 商業観光課 TEL 059-382-9020
伊奈冨神社 TEL 059-386-4852

施設所在地


大きな地図で見る